検索結果

小林諏訪神社境内で行われる1日限りの祭り
花祭り(小林)

印刷用ページ
700年以上続く伝統芸能で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
東栄町各地に伝わる花祭りには「振草系」、「大入系」、「大河内系」の3系統があるとされ、小林の花祭りは唯一の「大河内系」といわれています。
舞の所作や神事などが他と異なり、舞の拍子が少し早く、素朴な所作が特徴です。

開催日:毎年11月第2土曜日
時間:7時00分から23時30分(目安です)
場所:小林諏訪神社境内

※日時については、お出かけ前にご確認ください。
住所 愛知県北設楽郡東栄町大字振草字小林トエグチ アクセス [JR飯田線]東栄駅 → [バス]東栄線:本郷下車 → [バス]豊根東栄線:小林下車  徒歩約15分
三遠南信自動車道『鳳来峡IC』 → 国道151号 → 県道八橋中設楽線  鳳来峡ICから約40分
新東名 新城IC→ 国道151号 → 県道八橋中設楽線
営業時間 トイレ
料金 入場無料(ただし、奉納金をもって行くと、地域独特のお返しがいただけます) クレジットカード
定休日 バリアフリー
電話番号 0536-76-0509(東栄町教育委員会) 周辺施設
駐車場 なし    
ホームページ http://www.town.toei.aichi.jp/

Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

住所 愛知県北設楽郡東栄町大字振草字小林トエグチ
料金 入場無料(ただし、奉納金をもって行くと、地域独特のお返しがいただけます)
電話番号 0536-76-0509(東栄町教育委員会)
駐車場 なし
アクセス [JR飯田線]東栄駅 → [バス]東栄線:本郷下車 → [バス]豊根東栄線:小林下車  徒歩約15分
三遠南信自動車道『鳳来峡IC』 → 国道151号 → 県道八橋中設楽線  鳳来峡ICから約40分
新東名 新城IC→ 国道151号 → 県道八橋中設楽線
トイレ
バリアフリー
周辺施設

コンシェルジュからのメッセージ

小林の花祭りは唯一の「大河内系」といわれ、他の花祭りとは違った様子の舞や神事が見られます。

口コミコメント

このスポットへ投稿する

花祭り(小林)   » このスポットの他の口コミを見る
正確には、朝7時頃から始まり、日が変わる頃まで行われます。 他の花祭りでは、鬼が出るタイミングで盛り上がるのに対して、小林の花祭りの鬼は神聖な雰囲気の中で舞います。尚、一番盛り上がるのは、舞の後半にある、四つ舞と湯ばやしで、地元民、観客、これらが一緒になって幾重もの人の輪ができます。 尚、会所にお見舞いを渡しますと、升をいただけるので、その升で舞庭のすみにある樽酒が飲み放題です。接待部屋でも好きなだけ日本酒をいただくことができますよ。
投稿:
'14/10/16
訪問:
'13/11/09
おススメ度

正確には、朝7時頃から始まり、日が変わる頃まで行われます。 他の花祭りでは、鬼が出るタイミングで盛り上がるのに対して、小林の花祭りの鬼は神聖な雰囲気の中で舞います。尚、一番盛り上がるのは、舞の後半にある、四つ舞と湯ばやしで、地元民、観客、これらが一緒になって幾重もの人の輪ができます。 尚、会所にお見舞いを渡しますと、升をいただけるので、その升で舞庭のすみにある樽酒が飲み放題です。接待部屋でも好きなだけ日本酒をいただくことができますよ。

アクセス

公共交通機関でお越しの方
[JR飯田線]東栄駅 → [バス]東栄線:本郷下車 → [バス]豊根東栄線:小林下車  徒歩約15分
お車でお越しの方
三遠南信自動車道『鳳来峡IC』 → 国道151号 → 県道八橋中設楽線  鳳来峡ICから約40分
新東名 新城IC→ 国道151号 → 県道八橋中設楽線

備考

土、休日は、バスの本数が少ないのでお出かけ前にご確認ください。

季節のおすすめ情報

季節のおすすめ情報

奥三河の秋旅

新城・奥浜名湖 井伊家ゆかりの地を巡る
奥三河 旬の花特集
ページの上部へ戻る

キラッと奥三河ナビMENU

検索する

季節のおすすめコンテンツ

奥三河の秋旅
奥三河 星空写真コンテスト

English

Chinese